コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別荘 ベッソウ

デジタル大辞泉の解説

べっ‐そう〔‐サウ〕【別荘】

ふだん生活している家とは別に、避暑避寒休養などの目的で気候や風景のよい土地につくられた家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

べっそう【別荘】

日常居住する住宅とは別に,保養,避暑,避寒や自然的な環境のなかでの遊楽などを目的として建てられた住宅で,古くは別業(べつぎよう),別墅(べつしよ),別庄(べつしよう)などとも呼ばれた。別荘を建てる習俗はかなり古くからあり,ローマ帝国や古代中国などの皇帝・貴族がすでに多くの別荘を建てていた。古代ローマではローマ東方の高地にあるティボリ地中海カプリ島ウィラと呼ばれる別荘が営まれ,中国では長安の東にある温泉地驪山(りざん)などが皇帝の別荘地として有名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

べっそう【別荘】

暑さや寒さなどを避けるために、本宅とは別の所に建てた家。海辺や山中につくる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別荘
べっそう

避暑・避寒などの目的で、都市の郊外や田舎(いなか)に建てる別宅。定形はないが、建築と自然の関係のうちに、その特色がみられる。古代ローマにおいて、ハドリアヌス帝がローマ郊外のチボリに建てた別荘は、広大な例として知られている。
 日本においても、別荘は、藤原氏の宇治の別邸(平等院)、足利(あしかが)氏の北山殿(金閣)、豊臣(とよとみ)氏の聚楽第(じゅらくだい)、八条宮(はちじょうのみや)家の桂(かつら)離宮と、古くは一部の特権階級だけのものであった。明治以降、鉄道、自動車などの交通機関の発達とともに、全国各地に別荘地が開かれたが、贅(ぜい)を尽くしたものが多く、ごく限られた人々にしか利用できなかった。しかし、今日では、共同管理の週末住宅、貸別荘、リゾートマンション、国民休暇村など施設の充実とともに、常住する住居以外の第二の住宅としての位置づけが広まり、別荘はしだいに大衆的なものになりつつある。使用目的も、避暑・避寒ばかりでなく、週末用、創作活動用、レジャー用など多様化している。
 別荘を建てる場合、その土地の気候、たとえば海岸であれば潮害・風害、積雪の多い地方では雪害などを十分考慮することがたいせつである。敷地は、周囲の自然を取り入れたいので、できるだけ広い面積とするのが望ましい。また、電気、上下水道、ガス、電話などの都市施設のほか、交通機関および周辺道路との関係や、隣接または周囲の土地の状態なども調べるべきである。
 一般住宅の生活行為とは次のような点で異なる。〔1〕通勤・通学などがない。〔2〕家族全員が行動をともにする時間が多い。〔3〕屋外での活動が多い。〔4〕趣味や遊びを主にした活動が多い。〔5〕家事労働が比較的少なく、家族や利用者が手伝うことが多い。〔6〕突然の来客が少ない。
 これらの点を考慮したうえで、部屋の構成を決めるなどのくふうが求められる。[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

別荘の関連キーワード朝里川温泉オートキャンプ場second houseボーリューシュルメール千葉県千葉市稲毛区稲毛山梨県南都留郡山中湖村南阿蘇ビラ・マイルド伊豆エメラルドタウン佐用スターリゾートビラ・ファルネーゼリゾートマンション北軽井沢の別荘開発ステータスシンボル栃木県日光市中宮祠フォートマイヤース貸し別荘・貸別荘ケネバンクポートブリユニ国立公園ウイークエンドシディブジッドセカンドハウス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別荘の関連情報