コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチレン分解剤

栄養・生化学辞典の解説

エチレン分解剤

 青果物の鮮度低下の原因となる植物ホルモンエチレンを除く目的で使われる薬剤.過マンガン酸または臭素液などを担体に吸収乾燥させたものなどがある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android