青果物(読み)せいかぶつ(英語表記)green groceries

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青果物
せいかぶつ
green groceries

野菜 (青物) と果物を総称する呼び名。農林統計では農業生産を耕種養蚕畜産の3つに大別し,耕種を (1) 米,(2) 普通畑作物,(3) 野菜,(4) 果実,(5) 工芸作物に分けている。 1990年の青果物の収穫量は野菜が 1456万t,果樹が 476万tであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青果物
せいかぶつ

青物と果物の意味で、生鮮野菜と果実類の総称。野菜類は食用部分によって、果実を食べる果菜、根を食べる根菜、葉を食べる葉菜、花を食べる花菜に四大別される。さらに茎を食べる茎菜を加える場合もある。果物類は、主として木になる果実をさすが、草本植物の果実であるイチゴを園芸上は果物に含めたり、スイカやメロンも果物として扱うなど、昔からの青果物の取扱いの慣習がある。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せいか‐ぶつ セイクヮ‥【青果物】

〘名〙 野菜と果物。青果。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報