コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エニスキリン Enniskillen

世界大百科事典 第2版の解説

エニスキリン【Enniskillen】

イギリス,北アイルランド西部,ファーマナー県の県都。人口6608(1971)。もとは上アーン湖と下アーン湖を結ぶ川の中の小島で,戦略上重要なためこの地方の族長の砦があった。1689年にジェームズ2世側のカトリック軍に対してウィリアム3世側のプロテスタント軍が大勝利をおさめたところとして知られる。また,オスカー・ワイルドはここの王立学校の学生であった。現在は家畜の取引市場があり,ベーコンなどの食肉加工業ナイロンなどの化学工業が立地する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エニスキリンの関連キーワードオスカー・ワイルド

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android