族長(読み)ゾクチョウ

大辞林 第三版の解説

ぞくちょう【族長】

一族の長。一家の頭。
モーセ以前のイスラエルの部族の統率者。アブラハム・イサク・ヤコブなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の族長の言及

【古代社会】より

…弥生時代の墳墓は縄文時代のそれと違って貧富の差がはっきりとみられるようになった。しかし,村の再生産構造の基本は前述した村内の倉庫が中心であり,その倉庫を管理する族長のもとに村民が指揮された。水田の開発,耕作についての指導権は族長がもっていたらしい。…

※「族長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

族長の関連情報