族長(読み)ゾクチョウ

大辞林 第三版の解説

ぞくちょう【族長】

一族の長。一家の頭。
モーセ以前のイスラエルの部族の統率者。アブラハム・イサク・ヤコブなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の族長の言及

【古代社会】より

…弥生時代の墳墓は縄文時代のそれと違って貧富の差がはっきりとみられるようになった。しかし,村の再生産構造の基本は前述した村内の倉庫が中心であり,その倉庫を管理する族長のもとに村民が指揮された。水田の開発,耕作についての指導権は族長がもっていたらしい。…

※「族長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

族長の関連情報