コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー効率

栄養・生化学辞典の解説

エネルギー効率

 以前はカロリー効率ともいった.食物のエネルギーがどの程度生体に利用されるかで,種々の指標がある.例えば,維持のために利用される効率,維持を超えてエネルギーを摂取した場合の体に蓄えられるエネルギー量としての効率など.特に家畜の飼育に際しては重要な概念.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のエネルギー効率の言及

【生態学的効率】より

…これらはすべて生態学的効率といえる。 一次生産者(緑色植物)が太陽エネルギーを利用する際の効率も生態学的効率の一つであり,特にエネルギー効率とも呼ぶ。生育期間中の入射エネルギーに対する固定された有機物のエネルギーの比を求めると,総生産については森林ではかなり一様で2.1~3.2%の値が報告されている。…

※「エネルギー効率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エネルギー効率の関連キーワード『ソフト・エネルギー・パス』の著者エイモリ・ロビンス氏が「ブループラネット賞」を受賞デマンド・サイド・マネジメントバイオマス・ニッポン総合戦略G8ハイリゲンダム・サミットガスエンジン・ヒートポンプ水素自動車と燃料電池車固体酸化物形燃料電池コ・ジェネレーション充電網整備推進機構陰極線ルミネセンスターボチャージャディーゼル機関車近赤外線吸収色素リン酸形燃料電池オール電化住宅グリーンジョブアルコール発酵酸化的リン酸化水素エネルギーエコキュート

エネルギー効率の関連情報