コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブラハ Ebrach

世界大百科事典 第2版の解説

エブラハ【Ebrach】

ドイツ中部,バイエルン州バンベルクの西34kmにある町。人口1700(1971)。旧シトー会修道院の所在地。1127年ここにフランケン地方で最初,ドイツで3番目のシトー会修道院が創設された。現在の壮大な修道院の建物は,1687年にJ.L.ディーンツェンホーファーの設計により起工され,18世紀にJ.B.ノイマンらに引き継がれ完成した。修道院教会は1200年に起工され(1285献堂),18世紀末にボッシMaterno Bossiによりバロック化がなされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エブラハの関連キーワード人民の,人民による,人民のための政治コールブルックデールアイアンブリッジ峡谷スポンディロテラピーゲティズバーグ演説シュロップシャーアトランタの戦いラッシュモア山デイ=ルイス奴隷解放宣言スプラットボーグラムグラントブレーンダービーパーカーハーランハンターウッドコッブ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android