エラストゥス説(読み)エラストゥスせつ(英語表記)Erastianism

翻訳|Erastianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラストゥス説
エラストゥスせつ
Erastianism

教会に関する事項においても教会は国家に従属するという説。 16世紀のハイデルベルクのツウィングリ主義神学者エラストゥスが『最も重要な問題の解説』 Explicatio gravissimae quaestionis (1589) において主張した国民全体が同一のキリスト教徒で支配者も同信徒である場合に限って,教会に対しても国家の支配権が及ぶとした説をのちに拡大解釈したもの。イングランドやスコットランドの教会制度に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android