エリーザベト王妃国際音楽コンクール(読み)エリーザベトおうひこくさいおんがくコンクール(英語表記)Concours Musical International Reine Elisabeth

世界大百科事典 第2版の解説

エリーザベトおうひこくさいおんがくコンクール【エリーザベト王妃国際音楽コンクール Concours Musical International Reine Elisabeth】

ベルギー王アルベール1世(在位1909‐34)の妃エリーザベトによって創設されたコンクール。1937年に王妃の師であったバイオリン奏者兼作曲家イザイエの名を冠したコンクールとして発足。同年はバイオリン部門,翌年ピアノ部門を行ったが,やがて第2次世界大戦のため中断。51年に王妃の名を冠したコンクールとして復活した。この年はバイオリン部門,52年ピアノ部門,53年作曲部門,54年休みと続いたローテーションが定着して72年までこの形が繰り返されたが,その後不規則となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android