コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中断 ちゅうだんUnterbrechung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中断
ちゅうだん
Unterbrechung

法律用語。種々の場合に法律上用いられる。時効の中断,訴訟手続の中断,因果関係の中断が主要なものである。そのうち訴訟手続の中断 Unterbrechung des Verfahrensとは,民事訴訟法上,当事者の一方に訴訟追行を不能または困難にする一定の事由が発生した場合に,その当事者を保護するため訴訟手続が当然に停止されることをいう。その効果として期間の進行が止まるが,ただし判決の言い渡しは中断中でもできる。中断事由は法定されており,(1) 当事者の死亡,(2) 法人の合併による消滅,(3) 当事者の訴訟能力の喪失,または法定代理人の死亡,代理権の喪失,(4) 受託者の任務終了,(5) 資格当事者の資格喪失,死亡,選定当事者全員の資格喪失,(6) 当事者の破産,(7) 破産管財人受継後の破産手続の開始である。ただし,(1) ~ (5) の場合に訴訟代理人がいるときは中断しない。中断は受継の通知または裁判所の続行命令によって解消する。解消後,停止していた期間は再び全期間の進行を始める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐だん【中断】

[名](スル)
一続きのものが中途でとぎれること。また、中途でやめること。「雨のため試合が中断する」「番組を中断して臨時ニュースを伝える」
法律上、一定の事実の発生により、それまでの効力が失われること。「時効の中断

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうだん【中断】

( 名 ) スル
続いている物事を、途中で(一時)たちきること。また、一時とだえること。 「審議を-する」
〘法〙 一定の事由が生じたため、それまでの効力が失われること。 「時効の-」
まんなかで切ること。また、まんなかで切れること。 「九州を-して其北部から工業を除けば/野分 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中断の関連キーワードミッションクリティカルsystem downグラーフ・ツェッペリンインジャリータイムオヨネコぶーにゃんラフランシアードドラゴンクエストカット(映画)事業継続管理ホームボタンワイプアウト感振センサー打ち切り誤差絶え間無い時効の中断演技の中断時効の停止リバウンド稽古の中断キャンセル

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中断の関連情報