コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村朗 にしむら あきら

1件 の用語解説(西村朗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村朗 にしむら-あきら

1953- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和28年9月8日生まれ。作曲を池内友次郎,野田暉行(てるゆき)に学ぶ。昭和49年日本音楽コンクール作曲部門1位,52年「弦楽四重奏のためのヘテロフォニー」でエリザベート王妃国際音楽コンクール作曲大賞(ブリュッセル),同年「交響的変容」でルイジ・ダラピッコラ作曲賞(ミラノ),63年「2台のピアノ管弦楽のヘテロフォニー」で尾高賞,平成2年中島健蔵音楽賞,17年サントリー音楽賞,18年毎日芸術賞など受賞を重ねる。東京芸大講師などをへて,平成11年東京音大教授。12年いずみシンフォニエッタ大阪の音楽監督に就任。23年オーケストラのための「蘇莫者」で5回目の尾高賞。大阪府出身。東京芸大卒。著作に「作曲家がゆく」(ミュージックペンクラブ音楽賞クラシック部門・著作出版物賞)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

西村朗の関連キーワード筒美京平磯部俶加古隆佐藤勝芝祐久渡久地政信服部克久船村徹松平頼暁宮川泰

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西村朗の関連情報