王妃(読み)おうひ

精選版 日本国語大辞典 「王妃」の意味・読み・例文・類語

おう‐ひ ワウ‥【王妃】

〘名〙
国王の妻。
読本椿説弓張月(1807‐11)続篇「王妃(ワウヒ)中婦(ちうふ)(きみ)琉球王の王妃の名)」
日本皇族で、王の称号をもつ者の配偶者
皇室典範(明治二二年)(1889)三〇条「皇族と称ふるは太皇太后皇太后皇后、〈略〉親王、親王妃、内親王、王、王妃、女王を謂ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「王妃」の意味・読み・例文・類語

おう‐ひ〔ワウ‐〕【王妃】

国王のきさき。
皇族で「」の称号をもつ人の配偶者。
[補説]曲名別項。→王妃
[類語]きさき皇后皇太后妃殿下女王皇太子妃中宮北の方プリンセス

おうひ【王妃】[曲名]

原題、〈フランスLa Reineハイドンの交響曲第85番変ロ長調の通称。1785年作曲。パリ交響曲の一。名称由来は不明。マリー=アントワネットのお気に入りだったという説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「王妃」の解説

王妃

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第85番(1785)。原題《La Reine》。パリ交響曲の一つ。名称の由来は諸説あるがわかっていない。王妃マリー・アントワネットのお気に入りだからという説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android