王妃(読み)オウヒ

デジタル大辞泉の解説

おう‐ひ〔ワウ‐〕【王妃】

国王のきさき。
皇族で「」の称号をもつ人の配偶者。
[補説]曲名別項。→王妃

おうひ【王妃】[曲名]

《原題、〈フランス〉La Reineハイドンの交響曲第85番変ロ長調の通称。1785年作曲。パリ交響曲の一。名称の由来は不明。マリー=アントワネットのお気に入りだったという説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

王妃

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第85番(1785)。原題《La Reine》。パリ交響曲の一つ。名称の由来は諸説あるがわかっていない。王妃マリー・アントワネットのお気に入りだからという説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

おうひ【王妃】

国王の妻。
皇族で王の称号をもつ人の妻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐ひ ワウ‥【王妃】

〘名〙
国王
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続篇「王妃(ワウヒ)中婦(ちうふ)(きみ)(琉球王の王妃の名)」
② 日本の皇族で、王の称号をもつ者の配偶者。
※皇室典範(明治二二年)(1889)三〇条「皇族と称ふるは太皇太后、皇太后、皇后、〈略〉親王、親王妃、内親王、王、王妃、女王を謂ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王妃の関連情報