王妃(読み)おうひ

精選版 日本国語大辞典「王妃」の解説

おう‐ひ ワウ‥【王妃】

〘名〙
① 国王の妻。
※読本・椿弓張月(1807‐11)続篇「王妃(ワウヒ)中婦(ちうふ)(きみ)(琉球王の王妃の名)」
② 日本の皇族で、王の称号をもつ者の配偶者。
※皇室典範(明治二二年)(1889)三〇条「皇族と称ふるは太皇太后、皇太后、皇后、〈略〉親王、親王妃、内親王、王、王妃、女王を謂ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「王妃」の解説

おうひ【王妃】[曲名]

《原題、〈フランス〉La Reineハイドンの交響曲第85番変ロ長調の通称。1785年作曲。パリ交響曲の一。名称の由来は不明。マリー=アントワネットのお気に入りだったという説がある。

おう‐ひ〔ワウ‐〕【王妃】

国王のきさき。
皇族で「」の称号をもつ人の配偶者。
[補説]曲名別項。→王妃
[類語]きさき皇后皇太后妃殿下女王皇太子妃中宮北の方プリンセス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android