コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀米ゆず子 ほりごめ ゆずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀米ゆず子 ほりごめ-ゆずこ

1957- 昭和後期-平成時代のバイオリニスト。
昭和32年12月4日生まれ。堀米庸三の姪(めい)。昭和46年全日本学生音楽コンクール中学生の部で1位。55年エリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝。ベルギーのブリュッセルを拠点に活躍。平成2年ビオラの今井信子らとカザルスホール・クヮルテットを結成する。13年エリザベート王妃国際音楽コンクール審査員。14年ブリュッセル王立音楽院客員教授。使用楽器はヨゼフ・ガルネリ・デル・ジェス(1741年製)。東京出身。桐朋学園大卒。エッセイに「モルト・カンタービレ ブリュッセルの森の戸口から」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀米ゆず子の関連キーワードトーマス ツェトマイヤーアントニオ メネセスバイオリニスト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀米ゆず子の関連情報