コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトリック・ベース[electric bass] エレクトリックベース

音楽用語ダスの解説

エレクトリック・ベース[electric bass]

ソリッド・ボディーのエレクトリック・ギターに、通常のギターより1オクターブ低い音を出すための弦を張ったものがエレクトリック・ベース。弦のテンションを保つために、ネックの長さは普通のギターより大分長くなる。通常はウッド・ベースと同じように低音側の弦4本だけを張るように作られているが、かつてはギターと同じように6本弦を使用するものも使われていた。ちなみに1990年頃から盛んに使われだした5弦ベースは、4弦のエレクトリック・ベースの最低音のさらに下の音域を出すための弦をプラスしたもので、クラシックでいうところのコントラバス(5弦ベース)と同じ考え方をしている。ボディー・シェイプもソリッドばかりでなく、セミ・アコースティック・タイプのものもある。記譜は実音より1オクターブ高く書かれる。調弦は次のとおり。1弦:G、2弦:D、3弦:A、4弦:E

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

エレクトリック・ベース[electric bass]の関連キーワードツー・フィンガー奏法[two fingers]チョッパー・ベース[slapping]アポヤンド[apoyando(西)]フレットレス[fretless]T.M. スティーブンスジェームス ニュートンクリス・ミン ドーキーモンク モンゴメリーベース [bass]ブライアン トーフボブ マグヌソンパストリアス