コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトリック・ベース[electric bass] エレクトリックベース

1件 の用語解説(エレクトリック・ベース[electric bass]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

エレクトリック・ベース[electric bass]

ソリッド・ボディーエレクトリックギターに、通常のギターより1オクターブ低い音を出すための弦を張ったものがエレクトリック・ベース。弦のテンションを保つために、ネックの長さは普通のギターより大分長くなる。通常はウッド・ベースと同じように低音側の弦4本だけを張るように作られているが、かつてはギターと同じように6本弦を使用するものも使われていた。ちなみに1990年頃から盛んに使われだした5弦ベースは、4弦のエレクトリック・ベースの最低音のさらに下の音域を出すための弦をプラスしたもので、クラシックでいうところコントラバス(5弦ベース)と同じ考え方をしている。ボディー・シェイプソリッドばかりでなく、セミ・アコースティックタイプのものもある。記譜は実音より1オクターブ高く書かれる。調弦は次のとおり。1弦:G、2弦:D、3弦:A、4弦:E

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレクトリック・ベース[electric bass]の関連キーワードエレキエレキギターエレクトラコンプレックスエレクトリックエレクトリックギターエレクトリックピアノエレクトロニックパブリッシングゼネラルエレクトリック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone