コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音域 オンイキ

デジタル大辞泉の解説

おん‐いき〔‐ヰキ〕【音域】

楽器や肉声が発することのできる音の高低の範囲。音の幅。「音域が広い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんいき【音域】

音の高さの範囲。人の声や楽器の出せる最低音から最高音までの幅。 「 -の広い歌手」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音域
おんいき
compassrange英語
Tonumfangドイツ語

音楽用語。音高(音の高さ)上の区域をさし示して用いるもの。特定の楽器や声が出すことのできる音の範囲や特定の音組織の包括範囲を示し、楽器の音域、声部の音域(声域)などといったぐあいに用いる。また、楽器や音組織の全音域のなかで、ある一定の範囲をいうこともある。たとえば、高音域、中音域、低音域の区別などは、奏法や音色の変化から単に相対的に生じるものである。このように、区域内に含まれるすべての音を総括した用い方以外に、その区域の上限と下限との音程の幅をさすこともある。たとえば、C3からC5の範囲を2オクターブの音域という。人の声に関しては、その個人の出しうる声の音域を声域といい、声質や発声法によって区分される音域を声区(レジスターregister)とよぶ。ソプラノ、メゾ・ソプラノ、アルト(以上女声)、テノール、バリトン、バス(以上男声)などとよばれるものである。
 楽器は、しだいにその構造が改良され続け、音域は徐々に広げられてきたが、現在ではもはや人間の聴覚の限界に達しているといってよい。また声域も、発声法の改良により、いくぶん広げられてはいるが、すでに生理的な限界に達している。[黒坂俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音域の関連情報