コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオクニヌシノカミ(大国主神) オオクニヌシノカミ

1件 の用語解説(オオクニヌシノカミ(大国主神)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオクニヌシノカミ(大国主神)
オオクニヌシノカミ

オオクニヌシノミコト (大国主命) ,アシワラシコオ (葦原醜男) ,ヤチホコノカミ (八千戈神) ,オオナムチノカミ (大己貴神) などともいう。『日本書紀』ではスサノオノミコトの子 (母はクシイナダヒメ) ,『古事記』では6世の孫とする。神代の出雲国の主神。兄弟神 (八十神) たちから迫害されて根の国に逃げ,多くの試練を経て,スサノオの娘スセリヒメと結婚。スサノオより得た太刀と弓矢で八十神を討ち,スクナヒコナとともに天下を経営,農業を興し,禁厭,医薬の法を教えた。のちに天孫降臨にあうと,国土をニニギノミコトに譲って (国譲り) ,出雲に隠退。出雲大社に祀られる。オオクニヌシとは本来単一の神格の名称ではなく,出雲地方を勢力圏とする大地神,農耕神が神話統合の過程で他の同様の性格をもつ神々と結びつけられ,ついに「大いなる国土の主宰者」という意の総称を得たと考えられる。後世仏教の大黒天と同一視され,福の神として庶民から信仰された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone