コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大国主命 オオクニヌシノミコト

4件 の用語解説(大国主命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおくにぬし‐の‐みこと〔おほくにぬし‐〕【大国主命】

素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子、または6世の孫とされ、出雲大社の祭神。少彦名神(すくなびこなのかみ)とともに、中つ国の経営を行ったが、天照大神(あまてらすおおみかみ)の使者が来ると国土を献上してみずからは隠退した。医療・まじないの法を定めた神とされる。因幡(いなば)の白兎の話は有名。中世以来、大黒天と同一視されるようにもなった。別名は大己貴神(おおなむちのかみ)・八千矛神(やちほこのかみ)・葦原色許男命(あしはらのしこおのみこと)など。古事記では大国主神

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

大国主命

古事記『日本書紀』にみえる神。項目の名称は今日一般に知られた表記だが,その大本である『古事記』日本書紀』ではすべて大国主神と記す。また別名として『古事記』に大穴牟遅神,葦原色許男神,八千矛神,宇都志国玉神の4種,『日本書紀』に大物主神,大己貴神,葦原醜男,八千戈神,大国玉神,顕国玉神の6種を掲げる。素戔嗚尊八岐大蛇から救った奇稲田姫との間に生まれた子(伝承により6代後の子孫とするものもある)。少彦名神らの協力を得て,地上世界の経営に当たる。天孫が降臨する前の地上世界における支配者で,出雲を根拠地とする。天上界の神の要請を受け入れて地上の支配を譲る。 多彩な別名は,単に列挙してあるだけでなく,話の中で実際に用いられるものも多い。特にオオナムチ(大穴牟遅神,大己貴命)がよく用いられ,頻度としてはむしろ大国主神よりも高い。また『万葉集』風土記』などではこの神について,別名ばかりで大国主神の名はみられない。これは大国主神と称されるキャラクターが,出雲のオオナムチを中核にして各地で祭られていた神々を統合してでき上がっているためで,いうならば「大国主」という名は,地上世界の支配者であることを表すために考案されたもの。特に『古事記』では,この神の成長過程などで各種の別名を多く用い,地上の支配者の立場で天上界の神々と対峙するときには,もっぱら大国主神の名が用いられるという,芸の細かいところをみせている。今日,大国主神の信仰は出雲大社を中心に,縁結びの神として広まっている。この大社の社家は,古代の地域君主ともいうべき豪族「出雲国造」の直系に連なる家で,今も古代そのままに祭祀を司っている。なおこの神が「大黒様」とも称されるのは,インドに発する大黒天が,名の類似(大国=だいこく)や,両者共に豊饒に関わる神と信じられたりしたことなどから,同一視されるようになったものである。<参考文献>千家尊統『出雲大社』,神田典城『日本神話論考』

(神田典城)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおくにぬしのみこと【大国主命】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大国主命
おおくにぬしのみこと

出雲国造(いずものくにのみやつこ)の祖神。出雲(いずも)大社の祭神。大穴牟遅神(おおなむちのかみ)(大己貴神)、葦原色許男神(あしはらのしこおのかみ)、八千矛神(やちほこのかみ)、宇都志国玉神(うつしくにだまのかみ)などの別名がある。根(ね)の堅州国(かたすくに)(死者の国)の須勢理毘売(すせりひめ)ほか、八上比売(やがみひめ)、沼河比売(ぬなかわひめ)など多くの女性を妻とした。
 記紀神話のなかでもっとも親しまれている神で、その代表的な話が「因幡(いなば)の白兎(うさぎ)」である。兄の八十神(やそがみ)たちが、八上比売に求婚するため旅立ったとき、一行の従者として従った大国主命は、だました鰐(わに)に皮をはがれて苦しんでいた白兎に、真水で体を洗い、ガマ(蒲)の花粉の上に転がっているよう教えて治してやる。その白兎が大国主命に、あなたは八上比売の心をつかむだろうと予言したため、八十神たちは大いに怒って、大国主命を手間(てま)の山の麓(ふもと)で焼き殺してしまう。しかし、貝の粉を汁(しる)で溶いたものを塗って復活した。母の教えにより根の堅州国へいった大国主命は、須勢理毘売と結婚して蛇の比礼(ひれ)などをもらう。さらに生大刀(いくたち)、生弓矢(いくゆみや)、天詔琴(あめののりごと)の三つの宝を手に入れ、地上の国へ帰って八十神たちを滅ぼしたのち、少名毘古那神(すくなびこなのかみ)の協力を得て国造りを始める。少名毘古那神が中途で去ってからは、大物主神(おおものぬしのかみ)の助けを借りて国造りを完成した。そののち、天照大神(あまてらすおおみかみ)の命令で、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)が葦原中国(あしはらのなかつくに)(葦原の国)を治めるために高天原(たかまがはら)から降(くだ)ったとき、大国主命は子供の事代主神(ことしろぬしのかみ)や建御名方神(たけみなかたのかみ)と相談して、自分の御殿を天つ神の御子のものと同じようにつくってもらうということを条件に国譲りをした(古事記)。『日本書紀』には、国造りや国譲りの話はあるが、因幡の白兎などの話は欠いている。
 さて、高天原が大和(やまと)朝廷を意味するのであれば、それに国譲りをした大国主命は、出雲の支配者であったことになる。したがって、大国主命が八十神たちを滅ぼして国造りをしたということは、つまり諸豪族を征討して出雲の支配者に納まったと同義に解釈できるであろう。古代においては、王は神の体現者でもあった。国を造った大国主命を、神の側からみれば、まさに創造神である。『出雲国風土記(ふどき)』などをみると、(すき)で土を掘り起こすようにして国をつくったとある。『播磨(はりま)国風土記』などでは農業神ともされている。また、因幡の白兎や根の堅州国訪問の話にみられるように、彼は単に政治的な王であるばかりでなく、巫医(ふい)的な要素をもあわせもっていた。なお、因幡の白兎に似た話はインドネシアなどにもあるため、南方から伝播(でんぱ)し、大国主命の神話に結び付いて定着したともいわれる。[守屋俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大国主命の関連キーワード玉島川句句廼馳上代文学綿津見神三部本書五百城入姫皇女鬱色謎命河俣毘売櫛明玉神高龗神

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大国主命の関連情報