コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオシャクシガイ Cuspidaria nobilis; noble cuspidaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオシャクシガイ
Cuspidaria nobilis; noble cuspidaria

軟体動物門二枚貝綱シャクシガイ科。長 4cm,殻高 2.5cm,殻幅 1.5cm。殻は長卵形で後方へ嘴状に伸び,腹縁はゆるやかに彎曲する。殻表は白色で,淡黄色の殻皮でおおわれるが,吻部は朱色。成長脈は明らかである。殻頂から後端へ稜があり,後端は左右殻の間が開く。殻内面は白色で,殻頂の下に舌状の弾帯受けが突出する。軟体は本鰓を欠き,隔鰓をもつ。房総半島より九州,東シナ海の水深 100~200mの細砂泥底にすむ。キバシシャクシガイ C.n.consimilisは吻が多少細く,殻皮は黄色。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android