コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキアサリ おきあさり

1件 の用語解説(オキアサリの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキアサリ
おきあさり / 沖浅蜊
Venus-shaped shield clam
[学]Gomphina veneriformis

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科の二枚貝。日本では太平洋側は房総半島以南、日本海側は山形県以南の全土に分布し、台湾まで分布する。浅海の細砂底にすみ、殻長50ミリメートル、殻高37ミリメートルになり、三角形状で膨らみは弱い。殻表は白色ないし灰青色の地に、殻頂から通常3~4本の濃青色の放射色帯が走り、また全体に細かい斑(はん)がある。これらの色は煮ると褐色に変わる。内面は白く、肉は美味である。近似種のコタマガイG. meleaagrisはやや大形で北海道まで分布し、これも食用にされる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオキアサリの言及

【コタマガイ(小玉貝)】より

…かみ合せの歯は殻頂の下にあり,外套(がいとう)の付着痕は後方で湾入する。オキアサリはこの種のさらに三角形をした型である。肉は淡黄白色で多少かたい。…

※「オキアサリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone