コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキエソ

栄養・生化学辞典の解説

オキエソ

 [Trachinocephalus myops].ヒメ目,エソ科.全長50cmになる海産魚で,食用になる.練り製品の原料としても使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキエソ
おきえそ / 沖狗母魚
lizard fish
[学]Trachinocephalus myops

硬骨魚綱ハダカイワシ目エソ科に属する海水魚。全長37センチメートルに達し、世界中の暖海に広く分布する沿岸性の魚で、浅海から400メートルほどの深さの砂、泥、岩質の海底に生息する。体側に3~4条の青色縦帯がある。口が大きく、腹びれの内側鰭条(きじょう)は外側鰭条よりも長い。吻(ふん)が眼径より短く、目は頭部の先端近くの背面にある。臀(しり)びれの鰭条数が多く、15~16本。1年間に2万トン以上も漁獲され、練り製品の材料にされる。[上野輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオキエソの言及

【エソ(狗母魚)】より

…英名のlizardfish(トカゲウオ)もこれに由来する。全世界の海に4属約34種が知られているが,そのうち日本近海からは,マエソ属Sauridaのマエソ,ワニエソ,トカゲエソ,マダラエソ,オキエソ属Trachinocephalusのオキエソ,アカエソ属Synodusのアカエソ,スナエソ,ホシノエソ,ハナトゴエソ,チョウチョウエソの3属18種が知られている。各種にはそれぞれ地方名が非常に多く,混同しやすい。…

※「オキエソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オキエソの関連キーワードTrachinocephalus myopsエソ(狗母魚)狗母魚磯鱚

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android