コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふん フン

デジタル大辞泉の解説

ふん[感]

[感]
目下の者などに対し、軽く受け答えするときに、また、承諾の意をぞんざいに表すときに発する語。うん。「ふん、そう」
不満や軽視の気持ちを表すときに発する語。「ふん、ばかばかしい」

ふん[接頭]

[接頭]《動詞「ふ(踏)む」の連用形「ふみ」の音変化》動詞に付いて、その動作を荒々しく行う意を表す。「ふんじばる」「ふんだくる」「ふんづかまえる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふん

( 感 )
同輩以下の人に対して、軽く了解・承諾の意を表す語。うん。 「 -、-、なるほど」
不満・軽視などの気持ちを表す語。へん。 「 -、たったこれっぽっちか」 「 -、と鼻先であしらう」

ふん

( 接頭 )
〔動詞「踏む」の連用形「踏み」の転〕
動詞に付いて、荒々しくその動作をする意を表す。 「 -づかまえる」 「 -じばる」 「 -だくる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ふんの関連キーワード鬼塚古墳〈大分県宇佐市〉倭迹迹日百襲姫命大市墓小銚子塚古墳〈京都府〉丸山塚古墳〈福岡県〉宮塚古墳〈奈良県〉丸山古墳〈福岡県〉パーティキュレート岩屋古墳〈千葉県〉綿貫観音山古墳寛平法王塚古墳永安寺西古墳小茶臼山古墳森将軍塚古墳ジォウフェン箸中山古墳弘化谷古墳宮が尾古墳茶臼塚古墳石人山古墳段尻巻古墳

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふんの関連情報