ふん(読み)フン

デジタル大辞泉の解説

ふん[感]

[感]
目下の者などに対し、軽く受け答えするときに、また、承諾の意をぞんざいに表すときに発する語。うん。「ふん、そう」
不満や軽視の気持ちを表すときに発する語。「ふん、ばかばかしい」

ふん[接頭]

[接頭]《動詞「ふ(踏)む」の連用形「ふみ」の音変化》動詞に付いて、その動作を荒々しく行う意を表す。「ふんじばる」「ふんだくる」「ふんづかまえる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふん

( 感 )
同輩以下の人に対して、軽く了解・承諾の意を表す語。うん。 「 -、-、なるほど」
不満・軽視などの気持ちを表す語。へん。 「 -、たったこれっぽっちか」 「 -、と鼻先であしらう」

ふん

( 接頭 )
〔動詞「踏む」の連用形「踏み」の転〕
動詞に付いて、荒々しくその動作をする意を表す。 「 -づかまえる」 「 -じばる」 「 -だくる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふんの関連情報