しり

普及版 字通「しり」の解説

【糸】しり

糸毫

字通」の項目を見る

履】しり

ぞうりをつっかける。急いで出迎える。〔後漢書王符伝〕頃(しばら)くりて白(い)ふ、王に在りと。(皇甫)(もと)より符の名を聞けり。乃ち遽してち、衣するにばず、履して出でふ。

字通「」の項目を見る

履】しり

履をつっかける。司馬相如長門息悒(そくいふ)を舒(の)べて、欷(なげ)きをす。履して、(た)ちて彷徨(はうくわう)す。語彙字条参照。

字通「」の項目を見る

履】しり

くつをつっかけてゆく。急ぐ。・陸厥〔内兄希叔に奉答す〕 嘉惠を子に承け 履して王孫に奉(つか)ふ

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android