コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクシリンコス・パピルス Oxyrhynchos papyrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オクシリンコス・パピルス
Oxyrhynchos papyrus

オクシリンコスはエジプトの村ベネサのギリシア名。 1897年以後 B.P.グレンフェル,A.S.ハント,イタリアの学者たちがこの地で発掘したギリシア,ラテン,エジプト,ヘブライ,シリア,アラビアの各語で書かれた多数のパピルスをいう。およそ前 250~後 700年にわたる当時の都市,建物,生活,文化,またキリスト教初期の教義や制度などを知るうえの貴重な資料であり,『トマス福音書』やイエスの言葉 Logia Iesuなどを含む新約外典写本,失われていたピンダロスメナンドロス,カリマルコスなどを含むギリシア古典文学の写本もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

オクシリンコス・パピルス

エジプトの村、ベネサ(ギリシア語名、オクシリンコス)で1897年以後に発掘された、数千点におよぶパピルス文書、写本の総称。公文書グノーシス主義の文献などが含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

オクシリンコス・パピルスの関連キーワードオクシリンコスの歴史家バルクの黙示録

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android