オスマン銀行(読み)オスマンぎんこう(英語表記)Osmanlı Bankası

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスマン銀行
オスマンぎんこう
Osmanlı Bankası

イギリスとフランスの資本家たちによって 1863年イスタンブールに設立された商業銀行。クリミア戦争後,財政状態の悪化したオスマン帝国において乱発された政府公債を回収した。近代的な金融機関としては中東地域では最初のもの。形式上はオスマン帝国の国立銀行であったが,歴史的にはイギリス=フランス資本の代弁者であり,オスマン帝国の経済的植民地化の橋頭堡となった。 1931年,トルコ共和国成立後は,共和国中央銀行にその役割を譲った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android