コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッカムのかみそり Ockham's razor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッカムのかみそり
Ockham's razor

スコラ学の唯名論者たちの格言,"pluralitas non est ponenda sine necessitate" (必要なく多数性を仮定してはならぬ) をいう。普遍論争に際し,実念論者たちが定立する不必要な言葉や概念を「ひげ」にたとえ,これらを無用のものとして剃り落すべきであるとした。この格言自体オッカムのものではないが,オッカムの論法に多用されたためこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オッカムのかみそりの関連情報