オックスフォード・ケンブリッジ対校ボートレース(読み)オックスフォード・ケンブリッジたいこうボートレース(英語表記)The Oxford and Cambridge Boat Race

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オックスフォード・ケンブリッジ対校ボートレース
オックスフォード・ケンブリッジたいこうボートレース
The Oxford and Cambridge Boat Race

イギリスの名門,オックスフォード大学ケンブリッジ大学の間で争われるボートレース。毎年春にテムズ川のコースで開催される。単に「ボートレース」と言えばこの対校戦をさすほど長い伝統と人気を誇る。いまではレースが行なわれるテムズ川両岸に 25万人もがつめかけるという。 1829年,オックスフォード大のチャールズ・ワーズワス (詩人ウィリアム・ワーズワスの甥) が,ハロー・スクール時代からの親友,ケンブリッジ大のチャールズ・メリベールの挑戦に応じ,両校が3月 12日,テムズ川上流のヘンリーオンテムズ付近のコースで8人艇で争ったのが始まり。 1845年からコースがより下流のパットニー-モートレーク間の4マイル 374ヤード (約 6.8km) に移され,現在にいたっている。 1981年にはオックスフォード大のコックス (舵手) として,レース史上初めて女性のスー・ブラウンが参戦し,話題となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android