コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オテルデュー オテルデューl'Hotel Dieu

世界の観光地名がわかる事典の解説

オテルデュー【オテルデュー】
l'Hotel Dieu

フランス東部、ブルゴーニュ地方の都市ボーヌ(Beaune)市街にある、1451年に建てられた施療院(市民病院)の建物。ボーヌ駅から約500mの場所にある。ブルゴーニュ公国の宰相ニコラ・ロランが創設したもので、貧しい人たちに無料で医療を施した施設である。その費用は、王侯貴族から寄進されたぶどう園とそこから生産されるワインでまかなわれていたといわれる。「オテルデュー」は「神の家」という意味で、中世にパリのほかフランス各地に建てられたもので、この建物もその一つである。フランス各地のオテルデューは近代病院の原型ともいわれている。ボーヌのオテルデューはフランス各地に現存するオテルデューの中でも最も有名である。この建物は1971年まで病院として使用されてきたが、現在は、当時の医薬品や医療器具を展示する医学博物館となっているほか、ブルゴーニュ地方特産のワインのオークション会場としても使われている。◇「病院」を意味する「オスピス」とも呼ばれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android