コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニクサ

3件 の用語解説(オニクサの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

オニクサ

 紅藻綱テングサ目テングサ属の[Gelidium japonicum].寒天の原料になる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海藻海草標本図鑑の解説

オニクサ

からだは円柱状の主軸と扁平な枝からなる。付着器は糸状。数個体〜数十個体が密生する。枝の中央部は厚みがあり中肋状となる。枝は不規則に羽状に分枝し, 枝の両縁や表面からさらに細かい小枝を多数出す。枝の先端は丸みを帯びており,厚さも少し薄くなる。細胞層をみると皮層には小さな細胞が密に並び,髄部は 糸状細胞となる。手ざわりは硬く弾力がある。生体は濃紅色〜紅色。押し葉標本は台紙につかない。マクサオバクサなどとあわせてテングサ(天草)と呼ばれ,良質の寒天の材料となる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニクサ
おにくさ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オニクサの関連キーワード指骨葉身趾骨椎体平棗ヒジキマコンブマツモ柱状炭クロモ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone