コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オパライト opalite

2件 の用語解説(オパライトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

オパライト

主としてオパールからなる岩石[Wadsworth : 1896].あるいはオパールの不純物の色の変種[Vasilevsky : 1958].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オパライト

写真撮影用の照明機器、ビューティーディッシュの商標名。大小二つのレフレクター(反射板)を組み合わせたもので、傘形で中心に穴のあいた大レフレクターと、中央部の直射光をさえぎる小レフレクターからなる。穴からフラッシュをたくと、小レフレクターが光をすべて反射させ、大レフレクターで再度反射して被写体を照らす仕組み。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオパライトの言及

【オパール】より

…オーストラリア産は主として前者のタイプで,メキシコ産は後者のタイプである。遊色効果を示さなくても,地色の美しいもの(緑,ピンク,青など)は宝石の仲間に加えられ,また不透明であるが,その地色の美しいものはオパライトと呼ばれる。前記の二大産地の他に,ブラジル,インドネシア,アメリカ,ホンジュラス,チェコスロバキア,タンザニア,ペルーなどに産出がある。…

※「オパライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone