コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリオン座流星群 オリオンざりゅうせいぐん Orionids

2件 の用語解説(オリオン座流星群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリオン座流星群
オリオンざりゅうせいぐん
Orionids

10月 15~23日頃現れる流星群。5月のみずがめ座 η 流星群とともに,ハレー彗星と同じ軌道要素をもつ。スピードが速く,痕跡を残す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

オリオン座流星群

毎年10月、ハレー彗星が残した宇宙塵の中を地球が通過する際に、宇宙塵が大気圏に突入して発生する流星群。流星群とは、軌跡が天球上のある一点を中心に放射状に広がるように出現する一群の流星のことで、オリオン座流星群は、北半球においてオリオン座から星が流れるように見える。同流星群は金星、火星、シリウスといった明るい惑星や恒星に彩られて、流星群の中でも有数の美しい光景が見られるのが特徴。流星は流星物質が時速約23万8000キロで地球の大気圏に突入することによって発生する。速度が速いと爆発し、上空で火の玉となる。大気圏内で爆発すると、尾のような流れを残し、地上からは一筋の光のように見える。2012年10月、同流星群は北半球の各地で観測され、ピークを迎えた21日未明には、1時間に25を超す流星が夜空を彩った。

(2012-10-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリオン座流星群の関連キーワードハリー彗星ハレー彗星みずがめ座イータ流星群ジャコビニツィナー彗星さきがけすいせいハートレー彗星ハートレー第二彗星SOHO彗星ハレー・ストリング・カルテット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オリオン座流星群の関連情報