コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルテガ政権 おるてがせいけん

1件 の用語解説(オルテガ政権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

オルテガ政権

中米ニカラグアで2006年11月に行われた大統領選挙で左派サンディニスタ民族解放戦線オルテガ大統領が勝利し、16年ぶりに政権に返り咲いた。「飢えと失業者をなくす」を公約に低賃金に悩む若年層の支持を得た。過去3回の選挙では米国が露骨に干渉し、オルテガが政権を握れば援助を停止するなどと通告していたが、保守政権の下での経済の悪化と汚職の横行に対し有権者が反発した。南米の左傾化の波が中米にも及び、米国の中南米への影響力がさらに後退したことを示す。オルテガはサンディニスタ革命後、1984年の大統領選で当選し内戦中の政府を率いたが、内戦終結後の90年の選挙で敗れた。

(伊藤千尋 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルテガ政権の関連キーワードグラナダチャコニカラグアニカラグア湖パラグアイパラグアイ川マナグア三大師グアディスクラグアンドカラー氷堆石

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オルテガ政権の関連情報