コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルトギ酸エステル オルトギさんエステルorthoformic acid ester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルトギ酸エステル
オルトギさんエステル
orthoformic acid ester

合成化学に使われる試薬の一つ。ギ酸の水和物であるオルトギ酸 CH(OH)3 は遊離酸としては存在しないが,アルコールとのエステルとして存在する。クロロホルムとナトリウムエチラートとの反応によりつくられるオルトギ酸エチルエステル HC(OC2H5)3 は沸点 147℃,甘い匂いをもつ液体である。水に溶けにくいが,エチルアルコール,メチルアルコールによく溶ける。反応性が高く,ケトン,アルデヒドと反応し,ケタール,アセタールを容易に生成し,また活性メチレン化合物と反応し,アルコキシメチレン誘導体を生成する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オルトギ酸エステルの関連キーワードナトリウムエチラートクロロホルム