沸点(読み)ふってん

百科事典マイペディアの解説

沸点【ふってん】

液体を加熱していくとき,その液体の飽和蒸気圧飽和蒸気)が外圧と等しくなると液体沸騰する。このときの温度を沸点または沸騰点という。圧力が低くなると沸点は下がる。一定圧力のもとでの沸点は各液体に固有の値であり,通常1気圧における値を単に沸点という。1気圧での水の沸点を100℃と定め,温度目盛の基準の一つとされる。→沸点上昇
→関連項目蒸留

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふってん【沸点】

液体物質の飽和蒸気圧が外圧と等しくなって、沸騰し始める温度。通常は一気圧での値をいい、その物質の固有の定数となる。水の場合は摂氏100度(正確には摂氏99.974度)。bp と略記される。沸騰点。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沸点
ふってん
boiling point

液体が沸騰する温度。沸騰点ともいう。厳密には一定圧力のもとで飽和蒸気とその液体とが平衡を保って共存する温度のことであるが、普通、圧力は1気圧をとることが多く、その液体の蒸気圧が1気圧になる温度といってもよい。しかし、一般に沸点はのように圧力に強く依存し、その関係はクラウジウス‐クラペイロンの式で与えられる。中の曲線DFは水の沸点と圧力の関係を示すものであるが、この曲線の、ある特定の温度と圧力での勾配(こうばい)dT/dPは、水蒸気と水との比体積の差ΔVと、水が水蒸気に変わるために必要な熱量、すなわち蒸発熱(気化熱ともいう)ΔHと次式によって結び付けられる。

なお、このようなクラウジウス‐クラペイロンの式はの曲線CD(昇華温度と圧力の関係)、およびDE(氷点と圧力の関係)においても成り立つものである。溶液の場合、その沸点は溶質の溶解量によって変化することが知られており、溶質を加えることによって溶媒の沸点が上昇する現象は沸点上昇とよばれる。希薄溶液の沸点の変化量は溶質のモル数に比例して上昇し、その比例定数は溶媒のみによって決まり溶質の種類によらないことが知られている。[平野賢一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の沸点の言及

【沸騰】より

…この液体内部から起こる気泡の形成を伴う気化現象を沸騰という。沸騰の起こる温度を沸点(または沸騰点。記号ではboiling pointの略でbp)という。…

※「沸点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沸点の関連情報