オルト酸(読み)おるとさん

  • ortho acid

化学辞典 第2版の解説

中心原子とその酸化数が同じオキソ酸のうちで,中心原子に結合した酸素原子数が最多のものをいう.チオ酸でも同様である.ただし,IUPAC命名法ではオルトを付ける名称は,オルトケイ酸H4SiO4,オルトリン酸H3PO4,オルト過ヨウ素酸H5IO6のみに限られている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオルト酸の言及

【オルト】より

(2)酸素酸の分類に用いられる。〈水の含有量(水化度)〉が最大のものをオルト酸(古くは正酸)という。たとえばリン酸H3PO4は正確にはオルトリン酸または正リン酸,水化度の低いHPO3はメタリン酸とよばれる。…

※「オルト酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報