オルヌ県(読み)オルヌ(英語表記)Orne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルヌ〔県〕
オルヌ
Orne

フランス北西部,バスノルマンディー地域 (レジオン) の県。県都アランソン。県北東部,トゥク川東側はウーシュ地方で,牧草地森林の丘陵地になっている。同川西側のオージュ地方は河谷に刻まれた白亜層の台地。黄土におおわれた部分では穀物栽培が行われ,石英岩粘土層が露出する部分は森林である。谷底は牧草地になっていて,有名なチーズの産地。荷役用として知られるペルシュロン種のウマの飼育は昔に比べ衰退。これらの西側,オルヌ川流域のアルジャンタンからアランソンにかけての低地は牧草地を含む農業地帯。西半分はアルモリカ地塊東部に属し,丘陵の中に小さい林に囲まれた農家が散在するボカージュ地帯で,乳牛飼育を中心とする乳製品の供給地である。南東部はペルシュ丘陵地で農業地帯。県西部に小鉄鉱山があり,その他繊維工業と木工業が行われている。面積 6103km2。人口 29万 3204 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android