黄土(読み)おうど(英語表記)loess

翻訳|loess

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「黄土」の解説

黄土
おうど
loess

粘土,細砂からなり,均質,多孔質,粗鬆(そしょう)な褐色の土。レスともいう。無層理で風化によって縦の割れ目が発達する。石灰分 CaCO3が多く,これが黄土小僧,しょうが石と呼ばれる特有の結核となって含まれる。鉱物は石英が多く,少量の粘土鉱物長石雲母などの有色鉱物を伴う。中国北部,ヨーロッパ,北アメリカ,北アフリカ,ニュージーランドなど世界的に分布する。日本では玄海砂丘,山口県安岡付近にレス状砂からなる古砂丘があるといわれる。黄土は中央ヨーロッパでは厚さ 10~20mで 4層に分けられ,間に氷河による堆石の層がある。中国の黄土は 1879年フェルディナント・ウィルヘルム・リヒトホーフェンが厚さ 600mに及ぶとしたが,今日ではこれは新第三紀以後の赤色粘土層全体をさすもので,黄土は 10m程度と訂正されている。黄土は更新世の氷食によってできた岩粉が乾燥気候の時期に風で運ばれたものとされているが,ほかに湖成説,河成説などもある。黄土は毛水を吸上げる性質があるので,乾燥期でも農作物が育つ。黄土は細粒のため風が吹けば「黄塵万丈」状態になり,水中では懸濁して黄河,黄海の泥水のもとになっている。

黄土
こうど

黄土」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典「黄土」の解説

黄土

均質で層理がないシルト粒度の黄色い堆積物で,北西ヨーロッパから中国の地域に産出し,米国にも産出する.垂直の節理がよく発達し,炭酸カルシウムが広く染みこみ,しばしば草の根を取り巻いて堆積したことを示す垂直の管が存在する.炭酸塩団塊黄土人形(loess dolls ; loess puppchen)を作る.石英は多量に含まれている.一般に風で吹かれた砂塵の濃集したものと考えられている[Ganssen : 1927, Ollier : 1969].cold loess, infusion loess, warm leoesなどがある.ドイツ語のloessは緩んだとの意味.

黄土

天然に産する鉱物性の色素.風化残留物で形成され,一般にはゲーサイト,褐鉄鉱,赤鉄鉱,酸化マンガンからなり,様々な粘土を含んでいる.黄土は褪色しない絵具として使用され,赤色,黄色,褐色の深い色合いとなる.鉄とマンガンの比率は絵の色に影響する.イタリアのシエナ(Sienna)は良く知られた黄褐色の黄土を産する.この語は,クローム・オカー(chrome ochre)やウラン・オカー(uran ochre)などのように,他の分解した物質にも用いられる[Hill : 1774, Lingdren : 1928, Bateman : 1952].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「黄土」の解説

こう‐ど クヮウ‥【黄土】

〘名〙
② 石英、長石、雲母などを含む細砂、粘土から成る黄褐色の土。砂漠などから風によって半乾燥地に運ばれ、堆積したもの。中国山西省、河北省の黄河地域に代表される。おうど。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「所謂『黄土』と称し、黄河の濁江汪々として其間に曲折し」
③ 地下にあると考えられていた死後の世界。よみじ。めいど。黄泉。〔琵琶記‐感格墳成〕

おう‐ど ワウ‥【黄土】

〘名〙
① 赤土から採った顔料。粉末状の酸化鉄で、ふつう粘土に混ぜて、顔料や塗料に用い、また、リノリウムや製紙の原料になる。オーカー。オークル。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「黄土」の解説

おう‐ど〔ワウ‐〕【黄土】

風で運ばれて堆積した淡黄色または灰黄色の細粒の土。中国北部・ヨーロッパ・北アメリカ・北アフリカ・ニュージーランドなどに分布。レス。こうど
珪酸けいさんアルミニウムに酸化鉄を含んだもの。天然の黄色顔料で、塗料・人造石・セメント・絵の具などに使用。オーカー。オークル。こうど。
[類語]土壌土地大地壌土土砂赤土黒土緑土凍土ローム粘土陶土はに壁土アンツーカー腐植土腐葉土シルト残土

こう‐ど〔クワウ‐〕【黄土】

おうど(黄土)1
死後の世界。あの世。黄泉こうせん
「無限の遺恨うらみを―にもたらして」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「黄土」の解説

黄土
オウド
loess

レスともいう.大気中を風で運搬され堆積した淡黄色,あるいは灰色の土.0.05~0.005 mm の微砂が50% 以上存在する.構成鉱物は石英が多く,少量の粘土鉱物,長石雲母角せん石輝石などである.中国北部,ヨーロッパ,北アメリカ,北アフリカなど世界的に分布する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

普及版 字通「黄土」の解説

【黄土】こう(くわう)ど

黄色い土。〔太平御覧、七十八に引く応劭の風俗通〕俗に(い)ふ、天地開闢し、未だ人民らず。女土を搏(まろ)めて人を作る。劇務にして、力、供するに暇あらず。乃ち(なは)を泥中に引き、擧げて以て人と爲す。故に富貴なる土の人なり。庸なるの人なり。

字通「黄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の黄土の言及

【絵具】より

…奈良時代の《絵因果経》に使われた赤色は丹である。黄色には酸化鉄から成る黄土と,ヒ素の硫化物の石黄があり,石黄は,雄黄や雌黄などとも呼ばれ強い毒薬としても使われた。白には白土,鉛白などがあり,白土はカオリンを含む陶土で壁画や木彫彩色など各所に古くから使われた。…

【レス】より

…第四紀の氷期に大陸氷河の周辺地域や砂漠地域から風で運ばれて陸上に厚く堆積した,淡黄色ないし灰黄色を呈する非固結の風成堆積物。黄土(おうど∥こうど)ともいう。中国の北部・東北部,中央アジア,ヨーロッパ・ロシア南部,中部ヨーロッパ,北アフリカ,北アメリカ中央部,アルゼンチン,ニュージーランドなどに広く分布し,世界の陸地表面の約10%をおおっている。…

【レース】より

…衣服や衣服の装飾,アクセサリー,カーテンやテーブル掛けなどの部屋飾りに用いられる透し模様のある布。俗ラテン語のラキウムlacium(〈結んでできる輪〉の意)を語源とし,1本または何本かの糸を,かがる,からげる,編む,結ぶ,より合わせる,組み合わせるなどして透し模様にしたものをいう。しかし広義には,はじめに布があってその布の一部を切り取る,織り糸を引きしぼる,あるいは抜き取ってかがるなどして透し模様にしたもの,また網状の布(ネットやチュールなど)に模様を刺繡してレース状に加工したものもレースの名で呼ばれる。…

※「黄土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android