コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロポス Ōrōpos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロポス
Ōrōpos

古代ギリシア,ボイオチアアッチカ間の辺境の海岸地方名。エウボイア島からの最短距離の供給路上にあるため,アテネが繰返し占領したが,前 322年ボイオチアに渡された。その中心の港は現在のスカラオロポウ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android