コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オワンボ Owanbo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オワンボ
Owanbo

ナミビア北部,エトシャパン北端からアンゴラとの国境までの地域。南アフリカ共和国が統治した 1990年までオバンボ族の指定居住区 (1968指定) で,オバンボランド Ovambolandと呼ばれていた。標高 1000mをこえるサバナの高地からなる。独立後,アンゴラとの北西部国境沿いのクネネ川とエトシャパンの間に灌漑計画が立てられ,牧牛中心から農耕地帯へと変わりつつある。トウモロコシ,ナンキンマメなどの栽培が行なわれる。行政中心地はオルコンダ。アンゴラから鉄道の終点ツメブへの道路が通る。 1958年に設立されたオバンボランド人民会議 OPCが,のちに独立戦争の主体となった南西アフリカ人民機構 SWAPOの母体となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android