母体(読み)ぼたい

精選版 日本国語大辞典「母体」の解説

ぼ‐たい【母体】

〘名〙
① 母親の身体。母のからだ。
※門(1910)〈夏目漱石〉一三「腹の児〈略〉が直(すぐ)取り出されない以上、母体(ボタイ)は今日迄平気に持ち応へる訳がなかった」
② 発展してきたもの、特に、組織・思考などの分かれてきたものの、もととなるもの。現在の形の基盤となったもの。また、物事の基本となるもの。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉遊覧の東京「あの大震災はその年中行事の母体である下町の旧観を台無しにして了った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「母体」の解説

ぼ‐たい【母体】

母親のからだ。「母体の保護」
発展してきたものの、もとになるもの。「運動の母体となる市民団体」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android