オンボードデバイス(読み)おんぼーどでばいす

ASCII.jpデジタル用語辞典「オンボードデバイス」の解説

オンボードデバイス

マザーボード上に搭載されているデバイス。特に、IBM PC/ATでは、標準的には拡張カードで実装されていたデバイスをマザーボードに搭載したときに、それらを指す言葉として用いられる。一般にオンボードデバイスとしてマザーボードに実装されるのは、シリアルポートパラレルポート、IDEインターフェイス、フロッピーディスクインターフェイス、グラフィックスサブシステムなどである。オンボードデバイスについて重要なのは、各デバイスごとにEnable/Disableが可能かという点である。もしこれが不可能だと、オンボードデバイスに問題が生じたときに、拡張カードで代替して対処することができなくなってしまう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android