コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マザーボード マザー ボード

6件 の用語解説(マザーボードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マザーボード

CPUやメモリーなど、パソコンの主要な電子部品を搭載したプリント基板のこと。メインボード、ロジックボードとも呼ぶ。スロットソケット呼ばれる差し込み口が複数備えられており、ここにCPUやメモリー、拡張カードなどを差し込む。パソコンの中心になる部品で、対応するCPUや、搭載する部品によって、さまざまなバリエーションがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

マザーボード

パソコン本体に入っている一番重要な「板」で、CPUやメモリー、チップセットなどが配置されています。こうした電子回路が並んだ板のことを、「基板」といい、マザーボードはパソコンの核となる基板です。
⇨CPU、チップセット、メモリー

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マザーボード(motherboard)

CPU主記憶装置など主要な部品を装着したパソコンの心臓部ともいえるボード。メーンボード。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

マザーボード【mother board】

コンピューターの主要部品を搭載する電子回路基板。CPUチップセットメインメモリー拡張スロットのほか、電源や各種ディスクドライブを接続するコネクターなどで構成。◇頭文字から「MB」ともいう。また、「メインボード」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マザーボード【mother board】

コンピューターの主機能を担う部品が装着された基板。システム-ボード。メイン-ボード。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マザーボード
まざーぼーど
motherboard

パソコンの中心となるプリント基板。メインボードともいい、MB、M/Bと略されることもある。中央処理装置(CPU)、メインメモリー、各種ボード拡張用のスロット(ソケット)や、マウスキーボードUSBLAN(ラン)、RS-232Cなどの外部コネクター類、パーツ間のデータの流れを制御するチップセットなどが搭載されている。パソコンの主要部品で、マザーボードの構成によって利用できるCPUやメモリー、ドライブ類などが決まる。
 サイズや配置などの違いによりいくつかの仕様があり、以下にそのおもなものをあげる。
AT IBMのPC/AT モデル5170をベースにしたフォームファクター。フルサイズのAT(330ミリメートル×305ミリメートル)に対して、コンパクトにしたBaby-AT(330ミリメートル×216ミリメートル)があった。
ATX 1995年にインテルが提唱。基板サイズは305ミリメートル×244ミリメートルで、コネクターやスロット数が多く拡張性が高い。
MicroATX ATXをベースに、拡張スロットを減らすなどして、基板サイズを244ミリメートル×244ミリメートルまで小型化したもの。小型のデスクトップ向けで、多くのパソコンメーカーが採用している。
FlexATX MicroATXをさらに小型化したもの。基板サイズは228.6ミリメートル×190.5ミリメートルで、拡張スロット数などをさらに制限している。
BTX インテル社がATXの後継として2003年に提唱した規格で、基板サイズは325ミリメートル×267ミリメートル。熱対策に優れているとされたが普及せず、2007年に廃止された。関連する仕様として、小型化したmicroBTX(264ミリメートル×267ミリメートル)やpicoBTX(203ミリメートル×267ミリメートル)などがある。
ITX(Mini-ITX、Nano-ITX、Pico-ITX、EM-ITX、Mobile-ITX) VIA Technologies(ビアテクノロジーズ)社が提唱するフォームファクター。FlexATXよりも小型のマザーボード仕様で、コンパクトサイズのパソコン用として利用される。基板サイズは、Mini-ITXが170ミリメートル×170ミリメートル、Nano-ITXが120ミリメートル×120ミリメートル、Pico-ITXが100ミリメートル×72ミリメートル、EM-ITXが170ミリメートル×120ミリメートル、Mobile-ITXが60ミリメートル×60ミリメートルである。
DTX、Mini-DTX AMDが提唱するフォームファクターで、ATXに準ずる仕様として小型パソコン用に設計されたが、一般化しなかった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マザーボードの関連キーワードカスタマイズ自作パソコン不揮発性メモリーメモリーモジュールメモリーリークRAM水冷パソコンメモリーICメモリー空間バッファメモリー

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マザーボードの関連情報