コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オークション方式 おーくしょんほうしき

会計用語キーワード辞典の解説

オークション方式

M&Aの進行方法のひとつです。売却案件に対し、複数の買収希望会社が入札によってもっとも良い条件を提示した会社を最終的な買収会社とする方法です。この場合の条件には買収金額のほか、スキーム、買収後の経営方針なども選考の対象となるので、必ず一番高い金額を提示した会社が落札者になるとは限りませんが、一般的には相対方式と比べて価額は高く決着することがほとんどです。入札方式、コンペ、ビッド方式などともいいます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

オークション方式の関連キーワードオークション銘柄JASDAQM&APTS

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android