コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オークション方式(読み)おーくしょんほうしき

会計用語キーワード辞典の解説

オークション方式

M&Aの進行方法のひとつです。売却案件に対し、複数の買収希望会社が入札によってもっとも良い条件を提示した会社を最終的な買収会社とする方法です。この場合の条件には買収金額のほか、スキーム、買収後の経営方針なども選考の対象となるので、必ず一番高い金額を提示した会社が落札者になるとは限りませんが、一般的には相対方式と比べて価額は高く決着することがほとんどです。入札方式、コンペ、ビッド方式などともいいます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android