価額(読み)かがく

精選版 日本国語大辞典「価額」の解説

か‐がく【価額】

〘名〙 品物のねうちに相当する金額。法律用語としては、具体的に特定した物、財産の金銭的価値をあらわすときに用いられる語。評価額。
※正教新論(1886)〈小崎弘道〉一一「是れ即ち人に価額を定め難きの価直を与る所なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android