オーセールの婦人像(読み)オーセールのふじんぞう(英語表記)Lady of Auxerre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーセールの婦人像
オーセールのふじんぞう
Lady of Auxerre

古代ギリシア彫刻最古の作の一つ。アトリビュートが何もないことと,その敬虔な姿から,神の像ではなく,神に祈りを捧げる奉納者自身の姿を刻んだ奉納像であろうと推測される。簡潔な造形と堅固な量感にあふれる様式は,この作品がクレタ派の彫刻家による,前 650年頃の作であることを示している。出土地不詳。総高 65cm (台座高 10cm) 。オーセール美術館旧蔵,ルーブル美術館蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android