コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトリビュート アトリビュート

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アトリビュート

データの属性のこと。データベースでは、フィールドの各項目のことを指す。一般的にはプロパティと同義。Windowsのファイルには、読み取り専用(書き込み不可)、隠しファイルなど、ファイルの形式や状態が属性情報として付記されている。HTMLやXMLなどの言語では、アトリビュート(属性)を付けて情報を埋め込める。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アトリビュート(attribute)

《特性・属性の意》絵画や彫刻などで、神あるいは人物の役目・資格などを表すシンボル。例えば、王の冠と笏(しゃく)など。
属性3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アトリビュート【attribute】

属性。特性。
阿弥陀仏の光背こうはいのように、神像・人物像などで、その神格や人物を表すのに不可欠とされる特徴や持物じもつ。また、象徴的にある神や人物を表すときの表徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトリビュート
attributes

美術用語。持物。宗教的図像,寓意像において,人物あるいは情景に特有の属性を指示するために描き添えられるもの。シンボルが他のものを象徴しうるのに対して,アトリビュートは,付属品として描かれ,その象徴的な意味も,表面的,対象的なものにとどまる。たとえばギリシア神話では,ゼウス雷光ポセイドン三叉のほこ,キリスト教の図像では,聖女カタリナに車輪,ペテロに鍵など。近代絵画では,作家に書物など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アトリビュートの関連キーワードオーセールの婦人像Eオカレンス関係モデルE象徴主義阿弥陀仏図像学表徴神格神像