コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量感 りょうかんvolume

翻訳|volume

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量感
りょうかん
volume

美術用語。造形芸術において,対象のもつ重量容積の,視覚を通した感じをいう。しかし実際の物のもつ量と同じとはかぎらない。たとえば,リンゴを表現しようとするときは,リンゴのもつ実在感,立体感,重量感などを表現しなくてはならない。そのために正しい表現の方法が必要とされる。量感の表現は質感の表現と並んで造形芸術における形体表現に不可欠のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょう‐かん〔リヤウ‐〕【量感】

分量・重さがある感じ。彫刻絵画などでは、表現された対象物の実在感・立体感などをいう。ボリューム。「量感あふれる作品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうかん【量感】

分量や重量の多そうな感じ。量的に充実した感じ。特に、絵画・彫刻などに表現される物の容積や重量の感じをいう。ボリューム。 「 -に富む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

量感の関連キーワードラッセル(Morgan Russell)アンドレア・デル・カスターニョサンタマリアデルカルミネ教会アルノルフォ・ディ・カンビオコンポジット・インデックスチャンディ・ムンドゥットヘルクレスオオカブトムシリザー・アッバーシーフランソワ ポンポンガストン ラシェーズブリュッセル裁判所オーセールの婦人像モーガン ラッセルブバネーシュワルビッグシルエットモダンクラシック香川セレクトマムモールディングG. マンズージャコメッティ

量感の関連情報