コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバーサンプリング over sampling

デジタル大辞泉の解説

オーバー‐サンプリング(over sampling)

アナログ信号をデジタル信号に変換する際、通常のサンプリング周波数を整数倍した、より高い周波数を用いること。特に音声信号を扱う際には、ノイズ除去などが簡便になり、音質劣化を軽減することができる。一方、扱うべきデータ量が増えるため、高い処理能力が必要となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

オーバーサンプリングの関連キーワードアナログ信号

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android