コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバーヘッドアプローチ overhead approach 

1件 の用語解説(オーバーヘッドアプローチの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

オーバーヘッドアプローチ

ランディング場の風下側から着地目標ターゲットの真上を通過して、着陸地点の状況や風の状況を観察する。ターゲットの真上を通過したら左右どちらかの180度旋回を行いながら旋回半径を調整して180度サイドアプローチと同じような飛行経路をとれるようにする。その後、180度サイドアプローチと同じ要領で最終アプローチに入るのが普通である。ただ、オーバーヘッドの意味はアプローチの前にランディング場の前(風上)に位置する事が目的で、その後のどんなコースを通過してアプローチにはいるか?の定義は明確でない。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーバーヘッドアプローチの関連キーワードインターナル・ブランディングエクスターナル・ブランディングコ・ブランディング成分ブランディングランディングランディングバーンアウトサイド(ランディング)メインランディング(場)ランディングエリアブランディング (branding)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone