要領(読み)ヨウリョウ

  • ようりょう エウリャウ
  • ようりょう〔エウリヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

物事の最も大事な点。要点。「質問の要領がはっきりしない」
物事の要点をつかんだ、うまい処理の仕方。「要領が悪くてなかなか覚えない」「要領よく話をする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「要」は衣のすそ、「領」はえりの意で、衣を持つには要と領とを執るというところから)
① 物事の最も大切な点。要点。ようれい。
※布令字弁(1868‐72)〈知足蹄原子〉六「要領 ヱウリャウ カンジン」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「質問の要領をはっきり捕へそこねて」
② 物事をうまく処理する手段。処理のかんじんのところ。こつ。また、要点をつかんで、巧みに立ちまわる方法。多く、「要領がいい」「要領が悪い」などの形で用いる。
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「謙作は只、『ええ』と答へる。後は大概S氏が要領(エウリャウ)よく続けて呉れるのである」
[語誌](1)呉音ヨウリョウと漢音ヨウレイの二つの読み方があり、ヘボンの「改正増補和英語林集成」(一八八六)では「Yōryō(ヨウリョウ)」、「言海」(一八九三)では「えうれい」。両者とも見出しに立てた「日本大辞書」(一八九五)では「えうれい」を主とし、「ことばの泉」(一八九八)や「辞林」(一九〇七)では、「えうりゃう」を主としている。
(2)江戸時代においては、「翁問答」(一六五〇)には「ようれい」とあり、「授業編」(一七八三)では太宰春台の「和読要領」を「ようれう」とも「ようれい」とも読んでおり読み方はゆれていたようである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

要領の関連情報