風上(読み)カザウエ

精選版 日本国語大辞典の解説

かざ‐うえ ‥うへ【風上】

〘名〙
※嘉言集(1008頃)「吹きくるにものなつかしきかぞすなる かさうゑの梅は花咲きぬらし」
② 船の、の当たるほう。
※日葡辞書(1603‐04)「Cazauyeni(カザウエニ) ノル、または、ノリアガル〈訳〉風が斜めに吹いている時に、船が真直に進むように、船の風上側に乗って行く、位置する」
※浮世草子・西鶴置土産(1693)一「若ひ子どもの風(カザ)うへに置事もいや」

かざ‐かみ【風上】

〘名〙
① 風の吹いて来る方向。古くは「かざうえ」という。かぜうえ。⇔風下(かざしも)
雑俳柳多留‐二四(1791)「風上みにすわり関取りしかられる」
② 他人の模範となるような立場。かざうえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風上の関連情報