風上(読み)カザウエ

精選版 日本国語大辞典の解説

かざ‐うえ ‥うへ【風上】

〘名〙
※嘉言集(1008頃)「吹きくるにものなつかしきかぞすなる かさうゑの梅は花咲きぬらし」
② 船の、の当たるほう。
※日葡辞書(1603‐04)「Cazauyeni(カザウエニ) ノル、または、ノリアガル〈訳〉風が斜めに吹いている時に、船が真直に進むように、船の風上側に乗って行く、位置する」
※浮世草子・西鶴置土産(1693)一「若ひ子どもの風(カザ)うへに置事もいや」

かざ‐かみ【風上】

〘名〙
① 風の吹いて来る方向。古くは「かざうえ」という。かぜうえ。⇔風下(かざしも)
雑俳柳多留‐二四(1791)「風上みにすわり関取りしかられる」
② 他人の模範となるような立場。かざうえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風上の関連情報